育児の悩み日記トップ > 子育てを通して考える(現代社会の悩み)

子育てを通して考える(現代社会の悩み)

子育てを通していろんな事を学んでいます。 それはとっても幸せな事。嬉しい事。
私のもとに産まれて来てくれてありがとうってっ心からそう思う。

今、この飽食の時代の子育てはとっても恵まれていると思う反面、
どこか足りない、何かが足りない、虚無感も現実にある。

昔は貧乏子沢山って言われるくらい貧しくても夢や希望、愛情が満ち溢れていた。
子育ても子供同士が協力して見てくれる。近所の子供も沢山いる。
子供同士が子供同士で磨かれ育っていったのだろう。

今は、ママが子育てを一人で行い、悩みも一人で抱え込んでいるケースも聞く。
本当は、2人、3人と産みたいけど 社会保障も旦那の会社もあてにならない時代。
もう一人産むという選択も二の足を踏む。
 
子育てに対しても漠然とした不安感は消えない。
親が子供を虐待する、子が親を親が子を殺す、いじめで自殺をする、
真面目に生きていても報われなくて、横領、詐欺、権力優遇社会・・・・
子供を子育てしていながらこんなニュースを知る度に、本当にこの世の中に恐怖さえ感じてしまう。
少子化問題は、社会全体の悩みであると共に この現状は、社会全般に対するSOSなんではないかと考えた。



育児の悩み日記
子供について
アトピー性皮膚炎
ダイエット
夫婦